初めての美容皮膚科は、安心のシロノクリニックへ|レーザー治療専門 - 美容皮膚科シロノクリニック

初めての美容皮膚科は、安心のシロノクリニックへ

シロノクリニックのドクターに、あなたの肌のことを相談してみませんか?

シミの種類を熟知している医師だけが、患者さまに合った本当の治療法を診断できます。

正しく排出されずに肌に残ったメラニン色素を、シミと言います。女性ホルモンやストレスなどに関連して頬や額などへ左右対称にもやもやと広がる地図状の淡褐色のシミを、肝斑と言います。治療はまず、この2種類が混在しているかを確かめることから始まります

日々のセルフケアを見直した上で、クリニックだからできる治療法をプラスしていきます。

毛穴には、黒ずみ毛穴、ニキビ毛穴、角栓毛穴と3種類があり、これらの主な原因に「角質の増生」があります。厚くなった角質は毛穴の出口を塞ぎ、毛穴に溜った皮脂はアクネ菌の栄養源になりニキビを発生させてしまいます。治療では毛穴の「てんてん」や「ざらざら」の解消を行っていきます。

確実に解消するためには、根気強くニキビと向き合う姿勢が大事です。

ニキビの直接的な原因は、皮脂の過剰分泌と毛穴のつまりです。皮脂過剰を引き起こす原因や毛穴がつまるメカニズムを始めに理解することが、ニキビ治療のスタートです。具体的に、日々のスキンケアや食生活、睡眠時間を見直すことから始まり、その上でその方に合った治療法を診断していきます。

一度たるんでしまうとセルフケアだけでは改善が難しく、たるみ専門クリニックでの治療が必要になります。

老化による皮膚機能の低下などの内的要因と紫外線や乾燥などの外的要因が重ることで発生するのが、たるみ・しわです。しわができた後には、たるみが現れます。小さなしわが出てきたら要注意。少しのしわだからと言って放置していると、どんどん顔がたるんでしまいます。

お悩みはさまざま、ドクターだから言える肌へのアドバイスがあります

このページの先頭へ

美容皮膚科ができることってなんですか?

皮膚科は主に保険診療で治せる病気の治療を行うところで、美容皮膚科は主にレーザーや高周波、特殊光、ヒアルロン酸やボトックスなどの注入物を用いることで、もともと持っている本来の美しさに改善する治療を行うところとお考えください。
最も大きな違いは、メスを使うか使わないかになります。美容外科はメスを使う手術という手段を用いて劇的な改善を行うところで、美容皮膚科はメスを使わず身体に負担の少ない治療を中心に行うところです。「きれいになりたいけど手術まではしたくない。できれば他人には知られたくない。傷跡が残るのは困る。」と言った繊細な希望にお応えします。
整形手術のようにもともとあった形を変えてしまうといったものではなく、シミやくすみを解消してお肌を明るく改善したり、たるんだ輪郭を引き締めて小顔にしていったりと美肌治療やエイジングケア治療がメインになります。この他、脱毛やアザ、ホクロ、傷跡の除去も含め、ダイエットに及ぶまで多種のメニューも揃っています。施術当日からメイクをしてお帰りになれる治療が殆どです。
もちろん可能です。美肌目的でのお薬の処方も行っています。美白やニキビ、代謝改善、プラセンタなどの注射・点滴のみで定期的に通われる方もいらっしゃいます。ご希望に合わせた治療ができることが美容皮膚科の利点です。先ずはドクターへの無料相談がベスト。自分の肌の状態を知って、その上でより美しくなるための治療法を知って、上手に美容皮膚科を利用していただくと良いと思います。

このページの先頭へ

実際に美容皮膚科に来院された方からこんなお声をいただきました!

2年くらい前からシミ・ソバカスが両頬と鼻のあたりにでき始め、どんどん濃くなっていきました。ビタミンCの内服薬や美白美容液を試したのですが、効果はゼロ。
こうなったら、最新の美容医療に頼るほかないと思い、シロノクリニックへ。フォトシルクプラスとアキュチップを試しましたが、麻酔なしでも痛みはほとんどありませんでした。治療後のシミのカサブタは、洗顔ごとに自然にはがれ落ちていって、いくつかのシミは完全に無くなりました。シミが取れただけでなく、肌全体が明るくなったのもうれしい効果です。
出産をした後、だんだんと目尻の下が黒ずんできて、みるみるうちに頬の方まで広がったため近所の皮膚科で受診したところ、肝斑だと診断されました。その後、2年ほど通院して塗り薬と飲み薬で治療を続けましたが、効果はほとんどなく半ばあきらめていました。
そんなとき、シロノクリニックで肝斑が薄くなった と知り合いから聞き、だめもとで行ってみることに。かなり濃い肝斑だったので、あまり期待はしていなかったのですが、5回目位からくっきりあった肝斑がぼやけてきたので驚きました。これならもう少し薄くなるまで続けていこうと思っています。
40歳を過ぎて気になり始めたのが顔のたるみのライン。「それってゴルゴラインっていうのよ」と友人に言われて、かなりショックでした。
その友人を見返したいと思ってサーマクールをしようと決心。もっと早くやればよかったなぁと思います。ゴルゴラインが薄くなって、たるみがなくなりました。あの友人より、 確実に若く見えるようになったと思います。
たるんだ顔には戻りたくないので、今後も定期的にサーマクールを続けていきたいです。
(※ゴルゴライン:鼻筋のすぐ横から外に向かって、斜め45度に頬の真ん中を横切って下に落ちていく線のこと)
毛穴が気になるので、外出するときは必ずファンデーションをしっかり塗っていました。ファンデで毛穴が詰まる、それを隠すためにさらに厚塗りをする、という悪循環でもそれしかすべがなくて。
暇な時間に検索していたら、レーザーに即効性があることインターネットで知り、いろんなホームページを見ているうちに、ドクターシーラボの生みの親であるシロノクリニックを見つけました。
さまざまなレーザーを取り揃えているので、いろんな解決策があるのではと思い、 早速行ってみることに。私に合った解消方法で治療していただき、治療後は化粧が薄くなり、化粧直しの回数も減りました。義務みたいにしていたあの厚塗り化粧にさよならすることができて、毎日の化粧が楽になったことが何にも代えがたいストレスからの解放です。

肌はお一人お一人違います。だからこそたくさんの肌に触れているドクターの診断が必要なのです。

このページの先頭へ

城野総院長より、肌でお悩みの方へ

白衣を着た若々しい男性医師

シロノクリニックは、ドクターシーラボのアクアコラーゲンゲルを生み出したクリニックとしても有名になりました!

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ美容レーザーのパイオニア。

シロノクリニックは、レーザー治療・エイジングケア専門のクリニックです。美しく年を重ねていきたいと強く願う患者さまへ専門的な立場から「患者さまの幸せ」を応援します。肌の色素、肌の構造、肌の質感における全てのお悩みを解決。

小さなコンプレックスを解消することで自信がつき、プライベートに仕事に、より前向きに取り組めるよう、男性女性みなさまのご要望を叶えるお手伝いをさせていただいております。深刻なお悩みになる前に、まずは私たちにご相談ください。肌との付き合い方を伝授いたします。

どんな不安や疑問や悩みでもドクターに直接ぶつけてください!

このページの先頭へ

もう悩まない! 「原因」に着目する肌質別毛穴ケアの方法

メイクの時も、デートのときも、「毛穴」がコンプレックスで自信をなくしてしまう女性は多くいらっしゃいます。綺麗な毛穴を手に入れるには、自分の肌に合ったケアで「開き、汚れ、乾燥」から毛穴を守るのがポイント。
今回は、そんな悩みを解消する毛穴ケアの仕方についてご紹介します。

オイリー肌の毛穴ケア方法とは?

オイリー肌の人は、顔が脂っこいからといって洗顔に重点を置いて保湿をあまりしない傾向にあります。しかしそれは逆効果で、洗顔で必要以上に取られてしまった皮脂を戻そうと、肌が余計に皮脂を出そうとしてしまうのです。
オイリー肌の人にお勧めする保湿方法は、肌の引き締めや毛穴を閉めてくれる効果のある保湿液です。逆に、クリームや乳液は、油分が多すぎるため、オイリー肌の人とはあまり相性が良くありません。使用の際にはずは洗顔でしっかりと汚れを落とし、ゆっくりと丁寧に肌を保湿していくこと。このとき、油分を落とそうと、必要以上にこすり過ぎないよう注意してください。

乾燥肌の毛穴ケア方法

乾燥肌は、肌自身が必要な水分を上手く保つことが出来ていないことが原因。乾燥により肌がたるむと、重力差からえず肌が余計に毛穴を広げてしまいます。
乾燥肌の人の場合は、まずは洗顔後、出来るだけ早く化粧水を塗りましょう。その後、肌に密着度の高いクリームや乳液を上から優しく適量塗ります。クリームや乳液は、化粧水に比べて非常に肌への密着度が高いため、水分を保つ力が弱い乾燥肌をカバーしてくれます。これらを塗る場合は、乾燥が気になる場所から徐々に広げて塗っていくのが効率の良い塗り方です。パックをする場合も、シートタイプよりも塗るタイプのパックの方が、より水分を逃がさず吸収させてくれるためお勧めですよ。

敏感肌の毛穴ケア方法

敏感肌の人は、皮脂、水分共に少ないことから肌のバリア機能が低く、紫外線などの影響を受けやすくなっています。それに加え、皮脂や水分を肌に保つことが難しいため、どんどん必要な油分も水分も抜けて行ってしまいます。
敏感肌の人の場合は、保湿力とバリア機能の両方を強く持つ栄養素たっぷりの基礎化粧品を使用してみてください。相性によっては肌が赤くなったり、腫れてしまったりすることもあるため、まずは肌質に合う基礎化粧品から始めることをお勧めします。
使用方法としては、まずは洗顔の際は必ず刺激の少ない人間の肌と同じくらいのぬるま湯で洗いましょう。冷たい水も、熱すぎるお湯もどちらも肌の刺激になってしまい、乾燥やテカりを促して肌状況があっかしてしまうので要注意。洗顔後は、たっぷりの化粧水で水分を補給しましょう。その後、しっかりとその成分を肌に密着できるよう、クリームを適量塗っていきます。保持する力、バリアする力が低い敏感肌の人は化粧水だけでは浸透する前に蒸発してしまい、効果を最大限に得られません。必ず化粧水をつけた後に、クリームを塗って上から成分を閉じ込めましょう。

 

肌質は人によって違うので、毛穴が欲しているケア方法もそれぞれ異なります。開きの無い綺麗な毛穴を目指して、毛穴ケアを徹底しましょう。

やってませんか?肌トラブルの原因になるクセ・習慣

大人ニキビやカサつき、毛穴の開きなどなど、肌にはいろいろな種類のトラブルがあって原因もさまざまです。

ストレスや栄養の偏り、睡眠不足などが大きな原因になることをご存じの方は多いと思いますが、日常生活のちょっとしたクセや習慣が肌に負担となってしまう場合もあります。

今回はそんな、肌トラブルを招く可能性のあるクセや習慣についてお伝えします。

やってませんか?こんな習慣

手で顔を触る
手は体の中でも雑菌が多いところです。頬杖をついたり、無意識に顔を触ったりするクセがあると、手についている雑菌が顔の肌に移ってしまい、ニキビなどを引き起こす原因に。
特にニキビや吹き出物ができているところは気になっても直接指で触らないように! 手を触れるという物理的な刺激がニキビだけではなく、シミやくすみにもよくありません。洗顔やスキンケアなど、手で顔を触るのは必要最小限に。
その際も、きれいに手を洗ってからにしましょう。
熱いお湯で洗顔する
40度以上の熱いお湯で顔を洗うと、必要な皮脂まで落としてしまうため、肌が乾燥する原因になってしまいます。洗顔は水またはぬるま湯で行うようにしましょう。

スキンケアの間違いにも注意!

化粧水をつけた後、手でパンパンと叩く
化粧水を浸透させるために手で顔を叩く方がいますが、肌への負担が大きくなるので避けた方が良いでしょう。化粧水をつけた後は、手のひら全体で顔を覆うようにして軽く押さえてなじませましょう。
シートマスクを長時間つける
シートマスクは製品によって5分~10分程度など、使用時間が定められています。効果を上げたいからとつけっぱなしにすると、シートが乾燥してしまい逆に肌の水分が奪われて乾燥を招くことに! 決められた時間を守って使うようにしましょう。

肌に触れるものは清潔に!

お肌に直接触れる機会の多い、枕カバーやメガネ、携帯電話、メイク用のブラシなどを汚れたまま使っていると、肌に雑菌がついて肌トラブルを引き起こす原因に。
こまめに洗ったり除菌したりして、清潔なものを使うように心掛けましょう。

肌の負担になるクセや習慣をやめるだけで、肌トラブルの改善につながる場合もあります。上記で紹介したことに心当たりがある場合は、意識してやめるようにしてみてくださいね。

シミは、1回の治療で取れますか?
診察しなければ明確な回答はできませんが、薄いシミができてから年数が経っていなければ、1回の治療でほぼ取れます。濃いシミでも、強いレーザーならば1回~数回の治療で大半は取ることができています。
シミの治療で、傷ができることはありませんか?
治療の際に、出血したり傷跡が残ったりすることはありません。レーザー光線はX線やガンマ線などと違い、赤外線・可視光線領域の非常に安全な波長の光なので、人体に対する副作用の心配もありません。
肝斑はレーザー治療で悪化すると聞きましたが、大丈夫なのですか?
肝斑治療に高出力レーザーを使用すると、効果がないどころか、濃くなるということがあります。肝斑治療の症例数が少なく、レーザー治療専門でないクリニックでは、このような問題が起こりえます。
肝斑治療は、多くの症例を持つレーザー治療を専門に行っているクリニックで治療することをおすすめします。シロノクリニックでは、炎症を起こさないパワー調整で、レーザー、光治療、内服療法を適宜組み合わせ、独自の治療方法で効果を上げています。
注入をするのは、先生ですか?
もちろん、注入で多数の症例数を持つ医師が行います。注入後の仕上がりを相談しながら、最適な部位に最適な量を見極めて注入します。また、痛みに敏感な方には麻酔クリームや麻酔テープを施し、痛みを和らげてから注入を行いますのでご安心ください。
ヒアルロン酸注入の薬剤が同じであれば、どこのクリニックで治療を受けても同じ結果を得られますか?
施術する医師によって違います。ヒアルロン酸の注入は、手術以上に施術する側の持っているセンスや技術によって結果に差が出る治療です。安全に行うには、施術部位の解剖学的構造を熟知する必要があります。また、多くの症例を持つ豊富な経験は技術の向上につながります。シロノクリニックでは、豊富な治療経験の全データを医師全員で共有し、患者さまにご満足いただけるよう安全性と技術の向上を目指しております。
ニキビは1回の治療で治りますか?
ニキビの状態によります。ニキビができる原因はさまざまであり、症状によっては複数回の治療が必要となります。白ニキビ等は、皮脂をレーザーで排出することでアクネ菌の繁殖が抑えられるため、1回の治療で良好な経過を得ることができます。
レーザー脱毛は、何回の通院が必要ですか?
脱毛の部位、毛根の状態、個人差によって異なります。現在生えている毛は1回の照射でほとんど消失しますが、休眠期の毛があるため通常数回の照射が必要です。ご自身で毛を抜いて皮膚に赤みがでている方、海水浴などで強く日焼けした方は、レーザー脱毛を行えません。皮膚の症状を抑えてから施術を受けることをおすすめします。

ドクター無料相談のご案内と白衣を着たロングヘアの若い女性医師

ドクター無料相談のご案内と白衣を着たロングヘアの若い女性医師

このページの先頭へ

再診の予約はこちらから

  • クリニックのご案内

お知らせサービス あとで電話

  • 恵比寿・渋谷恵比寿 0120-11-4422 10時から19時
  • 銀座銀座 0120-99-7474 10時から20時
  • 池袋池袋 0120-93-6600 10時から19時
  • 横浜横浜 0120-96-5454 10時から19時
  • 大阪大阪 0800-222-1112 11時から20時
 
 
 
 
 
MAIL MAGAZINE ビューティーネットマガジン シーズ・メディカルグループの最新医療・美容情報のお得な情報をメールでお届けします。

看護師等の求人募集情報

シロノクリニック 採用情報

看護師 採用情報

受付・BA 採用情報

人事ブログ

人事Facebook

シロノクリニックでは、看護師・医師などの求人募集を行っております。私たちと一緒に働きませんか?
 
 
 
 

モバイルサイトのご案内

シロノクリニックモバイル
メールで初診予約と相談ができます。
 
 
 
 
美容コラム
教えて! Mr. レーザーマン レーザー未経験の方は必読! これを読めばレーザー治療がわかります

美しくなるために

美容に関するプチ情報
美容に興味のある女性男性のみなさまへ毎日情報をお届けします。
美容オタクのスタッフ通信
診療メニューをこまかく解析。大事な患者さまへ正しく毎日お届けします。
スタッフが教える治療のお話
サイトでは語りつくせない治療・美容についてスタッフが毎日お届けします。
女性が考える美容のお話
女性スタッフのみが働くクリニックならではの美容小話を毎日お届けします。
美容のちょっとイイお話
シロノクリニック広報PRチームが美容のちょっとイイお話をお届けします。
 
 
 
 

このページの先頭へ

あとで電話

シロノクリニックに電話したい!!

あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

以下のフォームから、ご自身の携帯メールアドレスに送信することができます。
携帯メールアドレス

閉じる

お困りですか?

いますぐ電話する

いますぐフリーダイヤルでお問い合わせください。

関東共通ダイヤル 0800-222-1403 朝10時から夜9時まで(土・日夜7時まで)※年末年始・祝祭日を除く

シロノクリニック大阪 0800-222-1112 朝11時から夜8時まで(土・日朝10時から夜7時まで)※年末年始を除く

あとで電話する

お知らせサービス あとで電話あとで忘れずに電話できるよう、シロノクリニックの電話番号と、基本情報を携帯電話に送信します。

メールで問い合わせる

後ほど担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームをひらく

閉じる